サンプルシステムで見落とされがちなデッドボリューム

サンプル調整システムを設計する際に最も見落とされがちなのが、フィルターハウジング内のデッドボリューム(死角)である。 デッドボリュームとは、サンプルシステム内で液体が滞留し、サンプルのメインフローに沿った動きができなくなる部分のことです。

サンプルシステムに最適なフィルターハウジングのサイズは?

サンプル調整システムで大型のフィルターハウジングを使用した場合、サービス時間は延長されますが、応答時間は長くなります。 当社のフィルターハウジングは、フィルターエレメント周辺やボウル底部のデッドボリュームをなくすよう、入念に設計されています。 フィルターハウジングの選定は、応答速度と寿命の兼ね合いを考慮して行う必要がある。

内蔵容積が小さいため、応答速度が速い

SS117シリーズのような最小のステンレスフィルターを選択することで、総容量が大幅に削減され、応答速度が向上し、試料通過時間が短縮されます。

高速ループフィルター(バイパスフィルター)の使用は、サンプルシステムのデッドボリュームを最小化するのに役立つことが多く、以前にもブログで紹介しました。

サンプルシステムのフィルターハウジングとエレメントを正しく選択する際に、何かアドバイスが必要でしょうか? 何かお困りのことがあれば、ご連絡ください。 お電話でのお問い合わせは +44 (0)1634 724224 まで、メールでのお問い合わせは[email protected]までお願いいたします。

類似の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。