システム浸水安全性-フロートハウジング

最近、オンライン分析装置を保護するためにサンプルシステムにフィルターシステムを設置したお客様がいらっしゃいました。 このサンプルシステムは、合体フィルタと微粒子フィルタで構成されています。 顧客は、合体フィルターで除去された液体がハウジングボウルから排出されていることを確認したかったのです-もし液体が蓄積されれば、システムが浸水して分析計に到達する恐れがあります。 システムの圧力の関係で、液体の状況を目視で確認できるガラスボウル付きのハウジングを使うことができなかったのだ。

フロートハウジングは、液体で満たされたときに流れを遮断するように設計されています。
フロートハウジングは、液体で満たされたときに流れを遮断するように設計されています。

問題点

ほとんどのサンプルシステムでは大量の液体を目にすることはありませんが、エアロゾルや液滴の凝集によって液体が蓄積されることがあり、液体を排出するサービス間隔が十分でない場合、またはシステムに大量の液体がある場合は、これが持ち越されて分析装置に到達することがあります。 メンブレンハウジングが装着され、十分な量の液体がメンブレンを通過しても、メンブレンを破って分析装置へ向かう可能性があります。

ソリューション

このような状況に対して、私たちは安全でシンプルなソリューションを提供するフロートハウジングを開発し、フロートハウジングが液体を過剰に検知するとフロートが上昇し、分析装置への流れを遮断します。 これにより、高価な修理代を節約し、フィルターの修理が必要であることをエンジニアに知らせることができます。

シャットオフ位置にあるボールを示すフロートハウジング
シャットオフ位置にあるボールを示すフロートハウジング

ハウジングはSS127ハウジングをベースにしていますが、ボウルの加工が若干異なるため、またフロートのため、定格圧力は100barに減少しています。 ハウジングの耐薬品性を保つため、フロートボールはPVDF製で、ユニット全体はコンパクトで、従来通りポートサイズも選択できます。

 

詳細については、電話(+44 (0)1634 724224)またはメール[email protected])にてお問い合わせください。

 

類似の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。