デプスフィルターとは?

継続的な特集として、市場に出回っているさまざまな種類のフィルターについてご紹介していきます。 ろ過の問題を解決するために必要な手助けを提供します。 私たちのようなフィルターメーカーに来る人は、自分が何を求めているのかよくわからない人が多いのですが、だからこそ、私たちとディストリビューターがお手伝いできるのです。

今回は、「デプスフィルター」について説明します。

デプスフィルターは、多孔質の濾材を使用し、メッシュフィルターやストレーナーのように濾材の表面だけでなく、濾材全体に粒子を保持するタイプのフィルターエレメントである。

デプスフィルターは、他のタイプのフィルターに比べ、目詰まりする前に大量の粒子を保持できるため、濾過する液体に高い汚れ負荷がかかる場合や、フィルターの寿命を延ばすことが求められる場合によく使用されるフィルターである。

良い濾材の決め手は何ですか?

市場で最も優れたデプスフィルターは、間違いなくボンデッドホウケイ酸ガラスマイクロファイバーフィルターエレメントですが、なぜこのタイプのフィルターが優れているのでしょうか?

ホウケイ酸ガラス繊維のエレメントは、他の濾材と比較していくつかの利点があります。

1.非常に高いレベルの効率性を持っている
2.数種類のバインダーとの接着が可能であり、広い耐薬品性範囲と良好な使用温度範囲を併せ持つ。
3.非常に重要なのは、非常にオープンな構造であることです。

90%以上の空隙率を持つボンデッドマイクロファイバーフィルターエレメントは、ほとんどの計測機器用途で重要な初期差圧を非常に低く抑え、また非常に高い汚れ保持能力を持つため、粒子状および合体状の用途で長寿命を実現しています。

最適なフィルターエレメントは何だと思いますか?

ホウケイ酸ガラスマイクロファイバーフィルターエレメントがベストだとお考えですか? それとも他に案があるのでしょうか。 下のコメント欄で教えてください。

 

Classic Filters、お客様のフィルター問題を解決するために、デプスフィルターを各種取り揃えています。

下記にコメントをお寄せいただくか、お電話(+44 (0)1634 724224)、右のフォーム、またはメール[email protected])にてご連絡ください。

 

類似の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。