フィルターエレメントの交換時期は?

フィルターが作動し始めると、微細繊維によって固形物が除去され、多孔質構造のフィルターエレメントがゆっくりと充填されていきます。 これにより、フィルターエレメントでの圧力損失が増加します。 使い捨てのフィルターエレメントは、ガス用途で使用する場合、初期圧力損失が0.1barとなるように設計されています。

当社の使い捨てボンドマイクロファイバーフィルターエレメントはデプスフィルターであるため、固形物の容量が非常に大きく、空隙率が+90%で、一般的な表面フィルターよりもはるかに耐用年数が長くなっています。

使い捨てフィルターエレメントの圧力損失-時間曲線

フィルターエレメントに固形物が蓄積されると、固形物の粒子がより多く捕捉されるため、圧力損失は非常にゆっくりと増加します。

使い捨てのフィルターエレメントは、圧力損失が0.3~0.5barレベルに達する前に、そして最も確実には0.7barに達する前に交換することが推奨されます。

合体フィルターエレメントについてはどうですか?

清浄な液体のみが除去され、固形物が存在しない場合、合体フィルタエレメントは圧力損失を増加させることなく機能し続ける。 固形物も除去する場合は、圧力損失対時間の曲線は、微粒子フィルターエレメントと非常によく似ています。 ただ、フィルターエレメントが液体で飽和すると、初期の圧力損失がわずかに増加する。

合体フィルターエレメントの圧力損失-時間曲線

圧力損失の監視方法は?

ステンレス製とアルミニウム製のフィルターハウジングには、差圧インジケーター(DPI)を内蔵することができます。

ステンレスタイプは、視覚信号付きと電気信号付きがあります。 詳しくは、差圧インジケーターについてのブログ記事をご覧ください。

この件に関する詳細、またはその他のフィルターに関するお問い合わせは、電話(+44 (0)1634 724224)またはメール[email protected])にてご連絡ください。

類似の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。