メンブレンは片側で支えるべきですか、それとも両側で支えるべきですか?

よくある質問ですが、メンブレンをフィルターとして使って水分を通さないようにする場合、メンブレンは片側で支えるべきでしょうか、それとも両側で支えるべきでしょうか? まず注目すべきは、膜そのものです。

メンブレンフィルターとは何ですか?

この膜は疎水性のPTFEでできており、水の分子は表面に集まって水滴となり、簡単に通り抜けることはできません。 この液滴が表面に長く留まっていると、つまり、液滴が落ちないと、やがて膜の完全性が破られ、水が膜を通り抜けることになる。

ハウジングの構造上、メンブレンは、その表面にかかる流体圧力によって損傷を受けないように、メンブレンの背後にサポートがあるように取り付けられなければなりません。 支持体は膜の裏側にあるため、水滴と接触することはない。 このため、液体に直接触れる面は、エアロゾルの液滴を集め、液体が排出される場所に落下させることができます。

PTFE膜のハウジングと2枚のサポートディスク
PTFE膜のハウジングと2枚のサポートディスク

また、2枚目の支持体を追加した場合、集まった液滴が2枚目の支持体に引っかかり、膜に液体が接触し続けるという問題が発生します。

そのため、メンブレンハウジングには標準で1枚のサポートディスクが付属しており、ご要望に応じて2枚目のサポートディスクを取り付けることができます(ただし、これは推奨しません)。 アプリケーションによって逆流が起きている可能性もあり、その場合は2回目のサポートで何らかの効果が期待できるかもしれません。

2つの支持体をうまく使った経験や好みなどがあれば教えてください。 ブログでコメントを募集していますので、下記よりお知らせください。

 

お客様の用途に合ったPTFE膜の選定にお困りではありませんか? お問い合わせは、+44 (0)1634 724224までお電話いただくか、右のフォームをご利用いただくか、[email protected]までメールをお送りください。

 

類似の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。