使い捨てインラインフィルターの使用による省スペース化

使い捨てのインラインフィルターを使って、どのように省スペースを実現するのか? 使い捨てのインラインフィルターを使用し、省スペースを実現
当社のOEM顧客の1社は、ポータブル煙道ガス分析器の微粒子除去用としてNN112.201フィルターハウジングを使用しています。 これらのハウジングは、スタックガス用途に低コスト、高効率のソリューションを提供し、広く指定されています。 しかし、新しいガス分析器ではスペースが限られるため、より小型のフィルターハウジングを製造することを打診されました。 もちろん、当社の製品群には使い捨てインラインフィルター(DIF)があり、この新しい排出ガス対策製品に最適でした。 マイクロファイバー製フィルターエレメントを内蔵した永久溶接構造のハウジングで構成され、ポータブル排ガス分析装置や、耐久性があり簡単に交換できるフィルターを必要とするその他の分析システムに理想的です。

フィルターハウジングの材質は、ナイロンとPVDFから選択でき、幅広い化学環境に対応します。

ディスポーザブル・インラインフィルターのデータシートはこちらから閲覧・保存できます。

吸着器用の小型ディスポーザブルユニットが必要ですか?

また、分析装置校正用の「ゼロエア」製造用の活性炭や、酸性ガス除去用のその他の吸収体メディウムなどの選択も可能です。

このため、アプリケーションのスペースを節約する必要がある場合は、当社にご連絡ください。

ポータブルガス分析器用の使い捨てインラインフィルターやその他のソリューションの詳細については、+44 (0)1634 724224 または [email protected]にお問い合わせください。

類似の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。