差圧ポートの搭載は可能ですか?

フィルターエレメントにかかる圧力差を監視するための多くのオプションを提供し、正確な圧力差インジケーターを備えています。 では、なぜ差圧ポートが必要なのでしょうか?

アプリケーションによっては、別の方法でDPをモニターする必要がありますが、そのような場合には、フィルターハウジングヘッドの上部に差圧ポートを使用するためのNPTメスネジ付きポートを2つ提供することができます。 これにより、お好みのモニタリング方法への接続が迅速かつ容易になります。 ポートがフィルターエレメントの両側にあるように配置されています。

差圧ポート付きステンレス製フィルターハウジング

DP接続用の2つの標準ポートサイズは、「フィルターハウジング SS235.421.DP1 with DP Ports」のようにハウジングのコードにサフィックスを付けて指定することができます。 標準的な接尾辞は以下の2つです。

.DP1 = 2 DP 1/8 “NPT “ポート

.DP2 = 2 DP 1/4 “NPTポート

次回、特別なDPモニターソリューションをお探しの際は、ぜひ弊社にご連絡ください。 差圧ポート付きのフィルターハウジングを手間なくご提供いたしますので、お気軽にお問い合わせください。 BSPTやBSPPのような他の種類のネジが必要ですか? 問題なし!

DP Portsの詳細については、+44 (0) 1634 724224までお電話いただくか、info[email protected]までEメールにてお問い合わせください。

 

類似の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。