CEマーク付きフランジ付きフィルターハウジングで、最も高価な部品は何ですか?

フランジおよびCEマーク付きフィルターハウジング

CEマーク付きフランジ付きフィルターハウジングの価格を押し上げているのは何だろうと考えたことはありませんか? 意外と知られていないのが、溶接の工程です。 制作の工程が増えるだけでなく、独自の承認が必要になります。

フィルターハウジングの製品開発

Classic Filtersエンジニアと開発チームは、常に製品の改良に努め、可能な限り効率化を図ることで、価格低減につなげたいと考えています。 ある時、溶接の工程に疑問が湧いたのです。

「イアン・ボビントン氏は、「もし、溶接のない設計ができれば、溶接工程やコストのかかるCEマーキングのための書類、承認、試験などが不要になると考えたのです」と説明します。

解決策は?

“さて” イアンは、「私たちは、無垢のステンレス鋼棒からヘッドを機械加工したハウジングを作りました」と言いました。その結果、Classic FiltersSBFフランジ付きハウジングは、溶接のない設計になっているのです」。

この新設計により、大幅なコストダウンと納期の短縮を実現しました。

様々なフランジタイプと圧力定格を標準として提供しています。

  • ASME/ANSI B16.5 – 1996 – パイプフランジおよびフランジ付き継ぎ手
  • 英国規格 BS 4504 – Section 3.1:1989 – パイプ、バルブ、継手用丸型フランジ
  • SAE J 518 C – SAEフランジ規格。

 

また、特殊なデザインにも対応いたします。 熟練したデザイナーとエンジニアが、お客様とともに、お客様のニーズに合ったカスタムメイドのソリューションを構築します。

下記にコメントをお寄せいただくか、お電話(+44 (0)1634 724224)、右のフォーム、またはメール[email protected])にてご連絡ください。

 




類似の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。