超臨界二酸化炭素植物油抽出法

超臨界CO2は、毒性および環境負荷が低く、化学物質の抽出における役割から、商業および工業用溶媒として重要な存在になりつつあります。 フラクショナルエクストラクションは、CO2の溶解力を利用して、様々な植物から目的のオイル、ワックス、その他のハーブ蒸留物を分離するために、異なる圧力と温度で使用されます。

上のグラフは、ある温度と圧力における流体の状態を示しています。

フィルターハウジングは何を使っているのですか?

食品グレードの316Lステンレス製フィルターハウジングは、従来のフィルターとして、または様々な植物油抽出用途の特殊圧力容器として理想的です。 豊富なフィルターハウジングのデザインは、抽出システムの設計に柔軟性をもたらします。 最も一般的なフィルターハウジングサイズは

  • SS424およびSS434シリーズ、最大35バール(500psi)
  • SS425およびSS435シリーズ、最大100bar(1500psi)。
  • SS426およびSS436シリーズ、最大200bar(3000psi)。

シールには、低温用の固体PTFE(テフロン)やFDA認可グレードのバイトンなどがあります。

私たちは、超臨界CO2産業における多くの主要なOEM顧客と協力し、最適なフィルターハウジングとフィルターエレメントを選択する際に、私たちの経験を提供することができます。

ボタニカルオイル抽出のご相談はこちらへ

お問い合わせは、電話(+44 (0)1634 724224)、お問い合わせフォーム、またはメール[email protected])にてお願いします。

類似の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。