ステンレス製フィルターエレメントを取り付ける際のシールの貼り方

なぜ、ステンレス製フィルターエレメントにシールが必要なのかという質問をよく受けます。 5層構造のフィルターエレメントは焼結されているため、剛性が高く、使い捨てのフィルターエレメントのように軸方向に圧縮して密閉することはできない。

シールにはいくつかの種類があり、詳細はこちらのデータシートでご確認いただけます。 一般的には、平板のバイトン製シールと機械加工されたPTFE製シールがあります。

フラットシール – Viton、EPDM、Nitrileステンレス製フィルターエレメント(バイトンシール付き

これらのフラットシールは、フィルタエレメントを取り付ける際に、フィルタハウジングのヘッドインサートとエレメントリテーナに配置する必要があります。 シールが正しく配置され、フィルターエレメントの端を覆っていることを確認するために、少し注意が必要です。 そして、エレメントリテーナをタイロッドにねじ込むと、シールが圧縮されてシールが形成されます。

高温用シールとPTFEシールステンレス製フィルターエレメント(PTFEシール付き

棒材をL字型に加工し、フィルターエレメントの端部に装着することで、フィルターエレメントの位置決めを行うタイプ。

ステンレス製フィルターエレメントの詳細については、電話(+44 (0)1634 724224)またはメール[email protected])でお問い合わせ ください。

 

類似の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。