メンブレインに液体が付着しすぎている – Liquid Blockオプションとは何ですか?


PTFE膜リキッドブロックオプションリキッドブロックのオプションは必要ですか? PTFE膜の問題の一つは、水分が多すぎると、最終的に膜が破れ、分析装置や保護されている機器に水分が入り込むことです。

このため、私たちは常に、膜を合体フィルターの後のポリスフィルターとしてのみ使用し、膜に到達する前にコアレッサで液体と微粒子のすべてまたは大部分を除去することを提案しています。

しかし、最近、液体が膜ハウジングに充満しても、膜を破って分析装置までのラインを通過しないことを保証するフィルターソリューションの依頼がありました。 というのも、このサンプルシステムは、メンテナンスの頻度が低く、液体がたまる危険性のある場所に設置される予定だったのです。

膜に液体が溜まりすぎると、膜のデルタ圧力が上昇してバルブが閉まり、分析装置や機器への流れが遮断され、液体が送られなくなります。

バルブはハウジングの専用プラグに内蔵されていますので、リキッドブロックバルブを取り付けたハウジング(SM106.111.LB.Mx、SM106.221.LB.Mx)を購入するか、プラグを別途購入して既存の標準ハウジングに後付けすることが可能です。

 

リキッドブロックのオプションやPTFE膜の詳細については、電話(+44 (0)1634 724224)またはメール[email protected])にてお問い合わせください。

 

類似の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。