石油精製における高濃度汚染試料のろ過処理

先日、サンプルにパイプルージュや錆の粒子が多く含まれていたお客様から問題解決の依頼を受けました。 アプリケーションは、白色製品のブレンドにあった。

では、何が問題だったのか?

珍しく、ろ過の問題ではなく、現在使っている他社製のステンレス製フィルターハウジングの問題だった。
このハウジングは、当社の標準的なハウジングの設計と類似していますが、彼の問題は、ハウジングを整備する際に、パイプルージュや錆の粒子がステンレス製フィルターハウジングのヘッドとボウルのスレッドに入り込み、きれいに取り除くことができないことでした。 ハウジングを組み立て直したところ、ボウルがヘッドにロックしてしまい、ハウジングを廃棄せざるを得なくなったのですが、このような現象は稼働時間が短いために緊急に解決しなければなりませんでした。

2つ目のポイントは、フィルターが詰まったときに、不必要な分解を避けるために、何らかの表示が必要だったことです。

そこで、私たちはどのような解決策をとったのでしょうか。

この解決策は、ハウジングからネジ山を分離し、ヘッドとボウルのネジ山をヘッドボウルとカラーのデザインに変更することで、より滑らかなネジ山と、ネジ山に混入した汚れの洗浄を容易にすることでした。 また、スパナの溝があるため、カラーの取り外しが非常に楽になりました。

次に、フィルターエレメントがコンタミで目詰まりしていることを視覚的に確認できるよう、差圧インジケーターを内蔵したユニットを設計しました。

今回もまた、通常とは異なる問題を抱えるアプリケーションにおいて、当社の専門知識とエンジニアリングの知識がお客様のお役に立てることを示しました。 もし、お困りのことがありましたら、ご連絡ください。

下記にコメントをお寄せいただくか、お電話(+44 (0)1634 724224)、右のフォーム、またはメール[email protected])にてご連絡ください。

 

類似の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。