使い捨て粒子状物質およびコールエスキングフィルターの試験設備が稼動開始

CNCマシンを設置するエンジニアリング部門を新設
技術部新棟

9月6日、新社屋が完成し、いよいよマシンショップを移転させました。

なぜ、機械工場を移転したのか?

Classic Filters成長に伴い、私たちは2つの分野で事業を拡大する必要がありました。 1つ目の理由は非常にシンプルで、倉庫の設備です。製品の数が増え、お客様の数が増えれば、より広い倉庫が必要になります。 次に、さらに嬉しいのは、会社が次のフェーズに進むにあたり、テスト設備の改善と拡張が必要だということです。 これは、ステンレススチール、モネル、ハステロイ、真鍮製のフィルターハウジングだけでなく、使い捨ての微粒子フィルターや合体フィルターの試験設備も新設するものです。

なぜ、このようなフィルター検査設備が必要なのでしょうか?

なぜなら、私たちは新しいフィルターメディアを試し、使い捨てのホウケイ酸ガラス製マイクロファイバー微粒子・合体フィルターエレメント用の新しい優れたバインダーも探そうとしているからです。 また、研究開発工場も建設中で、これをもっと簡単にできるようにします。

また、ステンレス製フィルターの開発にも取り組んでおり、将来的には新しい市場への参入も視野に入れています。

 

類似の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。