PTFE膜を用いたディーゼル燃料からの水分除去

当社のOEM顧客の1社は、SML206.221.M8 PTFEメンブレンハウジングを使用して、オンライン分析装置前のディーゼルサンプルシステムから水を除去することに成功しています。

SML304.221 PTFEメンブレンハウジング

最近、新しい用途でより低い圧力でより大きな流量を必要とするものがあり、そのために新しいサイズのハウジングを設計しました。 SML304シリーズは、直径89mmの大きなPTFE膜を使用しているため、サンプルの流量を大幅に増やすことができます。 定格圧力が低い(35bar)ため、ハウジングを小さくすることができ、大きなコストダウンになります。

ディーゼルのサンプルでメンブレンはどのように機能するのですか?

原理は気体用膜と同じで、水分子の表面張力が高いため、水分子同士が密着してしまい、膜の孔に入りきらない大きさになってしまうのです。

 

M8グレードは、膜の裏面に特殊な支持層を設け、最大圧力損失を増加させています。

液体炭化水素の流れから水を確実に除去するために、接触部
SMLハウジングは、このための特別なフローパスを備えています。

他に何ができるのか?

このデシエルサンプルシステムのように、OEMのお客様が必要とする製品を、タイムリーかつコスト効率の高い方法でお届けできるよう、お客様と密接に連携しています。 Classic Filters、特殊なフィルターやメンブレンハウジングを必要とする場合に、最初に呼び出される企業となっています。

お客様の用途に合わせた特殊なハウジングが必要ですか?

1台でも1000台でも、私たちはあなたのために何かをデザインすることができます。

 

お問い合わせは、電話(+44 (0)1634 724224)またはメール[email protected])でお願いします。

類似の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。