Coalescing Filterを取り付ける場所は?

 

よくある質問で、次のようなものがあります。

合体フィルターを設置しましたが、使用時にラインから液体が出てきますが、なぜでしょうか? 第一のポイントは、合体フィルターをできるだけ使用場所の近くに設置することです。

なぜ? 気体が冷えて速度が低下すると、気相に含まれる水分が凝縮してエアロゾルとなり、やがて水滴となる。

エアラインの最も一般的な問題は、フィルターがエアリザーバーに取り付けられていることですが、エアが非常に高温であるため、水分のほとんどは気相でフィルターを通過し、エアラインを移動する際に冷却されて速度が下がり、水分がライン内で液滴となって使用時に出てくるのです。

そのため、ドロプラインと呼ばれるものをシステム周辺に装着するのが最適です。 ドロッピングラインとは、メインパイプから垂れ下がるラインのことで、ユースポイント用のテイクオフには合体フィルターが必要で、メインパイプが非常に長い場合は、ドレンベッセルかオートドレンを備えたドロッピングラインをパイプに沿って間隔を置いて配置する必要があります。

水分が現れる温度は露点と呼ばれ、ガスからできるだけ多くの水分を効率よく凝集させるためには、ガスの露点ができるだけ低いことが必要である。

水分が許されないシステムでは、冷却器やドライヤーをラインに取り付けるしかない。 しかし、合体フィルターを装着することが重要です。

コレスキングフィルターの流路 - フィルターエレメントを介した内側から外側へ
コレスキングフィルターの流路 – フィルターエレメントを介した内側から外側へ

また、フィルターは定期的にメンテナンスすることが重要です。ボウルに水分が溜まり、フィルターエレメントがその中に入ってしまうと、水分が再侵入してしまうからです。 また、フィルターエレメントは目詰まりする前に交換しないと、差圧の上昇で割れてしまうことがあります。

 

アドバイスが必要ですか?

下記にコメントをお寄せいただくか、お電話(+44 (0)1634 724224)、右のフォーム、またはメール[email protected])にてご連絡ください。

 

 

類似の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。